関節痛の原因
軟骨の摩耗によって起こる肥満や筋肉の弱さが原因に
関節痛とは外傷や病気がないのにひざや股関節などが痛むもので、加齢とともに発症する人が増加します。関節内では骨と骨が接していますが、骨と骨の表面を覆ってクッションの役割を果たしているのが軟骨です。この軟骨が年齢とともに摩耗して、骨どうしがこすれ合い、痛みや炎症が起こるのです。
関節痛の中で多いのが変形性関節症です。骨と骨がぶつかって炎症を起こすうちに関節が変形してしまうもので、女性に多いのが特徴。女性は筋肉が少ない傾向かあり、関節への負担が大きいためです。さらに肥満の人も関節の負担が大きく、リスクが高まります。放置していると歩行が困難になるなど、日常生活に大きな支障をきたすので、関節の変形が進む前に改善したいものです。

関節痛に良いサプリメント
軟骨の構成成分と動きを滑らかにする成分を補給
肥満の人は、まず体重を減らして関節への負担を軽減しましょう。運動による筋肉強化も必要ですが、すでに痛みがある人が無理な運動をすると逆効果になることも。水泳や水中歩行といった水中での運動は、股関節やひざ関節に負担が少ないのでおすすめです。軟骨はコラーゲンやコンドロイチンなどからできています。これらは加齢とともに体内での合成能力が衰えますが、食事でこれらの成分を摂取すると、体内での軟骨の合成が活性化します。コラーゲンは鶏肉の皮やふかひれ、コンドロイチンはオクラやなめこ、海藻などのネバネバした食品に多く含まれていますが、どちらもサプリメントで手軽に補給することができます。関節の動きを滑らかにするグルコサミンも有効です。