【日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー認定 管理栄養士監修】サプリメントの正しい選び方

妊活時のサプリメントは、妊娠時の母体や胎児の健康、男性不妊をサポートしてくれるもの。また、卵子の老化を遅らせる働きが期待できるものもあり、サプリメントじょうずに活用すれば、授かりやすい体にととのえることもできます。妊活とサプリ、男性不妊サプリ、葉酸サプリの上手な付き合い方を【日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー認定 管理栄養士監修】サプリメントの正しい選び方をご紹介します。

ビタミンD

サプリメントの妊活用法

supplement56

妊活世代である30代の食生活を調べると、重要な栄養素のほとんどが不足しているという結果が出ています。

特に体外受精が必要になるような難治性の不妊症の場合、妊娠に向けた体づくりができていない人もしばしば見られ、それが妊娠しない原因のひとつであることがあります。

体外受精をする以前に、まず体づくりに目を向ける必要があるのです。

体は毎日の食事や睡眠、運動など、生活習慣によってつくられるもの。食事だけでは不足する栄養は、サプリメントでとることも考えましょう。

まず体の土台づくりとして、ビタミンーミネラル類をとること。効果があらわれるまで3~6ヵ月かかります。

その上でプラスアルファのサプリメントの摂取を。日本国内で市販されているサプリメントは治療レベルで用いるには不十分な内容のものが多く、原材料と有効成分量がしっかりした質のよい製品選びも重要です。

妊活でのサプリメント基本の考え方

土台がしっかりしていないと、ザルに水をためるようなもので治療効果が上がりません。
そして、食事はもちろん、睡眠や運動など、健康的な生活を心がけましょう。

不妊治療と併用することで、治療効果が期待されるサプリメントを紹介します。

日本では、まだ一般的ではないサプリメントもあるので、専門家の指導のもとでとり入れましょう。

男性ホルモン&女性ホルモンのもと DHEA(デヒドロエピアンドロステロン) 

卵巣の機能低下が認められる人が服用した場合、採卵数が増える、卵の質が向上するなどの報告があります。

しかし、適応のない人が服用すると、声が低くなる、ひげが濃くなるなどの男性化兆候が現れることがあるので、摂取には注意を。

国内ではホルモン剤と同じく医薬品扱いとなるため、一般的には入手できません。

鉄不足の人に鉄

一般的な血液検査で正常といわれている人でも、血球成分をよく見ると、隠れ貧血を疑う場合が多くあります。

鉄のサプリメントには、ヘム鉄・無機鉄・キレート鉄などの種類があります。

以前に摂取した際に気持ちが悪くなったり便秘になるなど、鉄サプリが苦手な人は、違う種類のものに変えてみましょう。

食事の見直しや鉄分を含む肉類を食べることも意識しましょう。

ネットワークで効果を発揮 マルチビタミン、ミネラル

体の老化を防ぐ抗酸化作用のあるビタミンC・Eをはじめ、各種ビタミンとミネラルを網羅的に摂取できるマルチビタミンのサプリメントがおすすめ。

妊活に重要な「葉酸」が入っているかどうか確認を。市販されている製品と医療機関で扱う製品は成分内容や量が大きく違うことがあるので、内容を確認して必要な量を摂取することがたいせつです。

免疫バランスをととのえる ビタミンD

脂溶性ビタミンのひとっビタミンDは、食事でとるほか、日光を浴びることで体内でっくり出すことができます。

不足すると骨粗鬆症が心配に。不妊治療では、免疫バランスをととのえることが期待されています。

また、AMH(アンチミューラリアンホルモン)との関連も指摘されています。

食生活や日頃から日光に当たること、運動を心がけましよう。

睡眠に関係するホルモン メラトニン

メラトニンは夜間に分泌量がふえるホルモンで、アメリカなどでは睡眠をサポートするものとしてサプリメントが利用されています。

活性酸素を除去することで知られ、卵巣内の活性酸素をとり除くことで卵の質の改善が期待されます。

抗酸化作用で注目される アスタキサンチン レスベラトロール コエンザイムQ10

活性酸素は老化を早める物質で、これを除去する働きをするのが抗酸化物質です。

アスタキサンチンは、鮭の身に含まれる赤い色素。

レスベラトロールはブドウの皮や種、ワインなどに含まれるポリフェノールの一種。

いずれも全身の細胞の老化予防が期待されます。

コエンザイム010は体内でつくられるものの、加齢で減少する物質。a-リポ酸、L‐カルニチンといっしよにとることで、より効果を発揮します。


ビタミンDの妊活サプリ

受精卵の着床率が上がった報告もあり、注目されている栄養素ながらも、日本人の80%が不足。サプリメントで、内側から補給を。

vitamind

羊毛由来の天然ビタミンD配合。ドクター監修のサプリメント
北青山Dクリニック監修。羊毛由来のビタミンDを1粒で25μg(1000I.U.)含有。また、現代人に不足しがちなオメガ3系脂肪酸も配合。
D.FORMULAビタミンD
目安量:1日1~2粒×30~60日分
1648円+税 アークワイズ

soukai_4987035528616

1日1粒で90日分入り!手軽&コスバもいい
1粒あたりのビタミンDは、25μgと。妊活女性にも十分な量を凝縮。1日1粒で、90日分入りなので手軽&経済的。ネイチャーメイドスーパービタミンD
目安量:1日1粒×90日分
915円
+税 大塚製薬

img_0

葉酸、カルシウムも同時に!かんで食べられるチュアブル錠
ビタミンD3を20μg(800I.U.)のほか。胎児の成長時に必要なカルシウムや葉酸も高配合。グレープフルーツ風味のチュアブル錠なので、おいしく続けたい人に。
ビタミンD3葉酸&Ca
目安l:1日1粒×30日分
1500円
+税 森下仁丹

【医師監修】妊活サプリのオススメと口コミまとめ

妊娠しやすい体を整えるサプリメント

pregnancy3

疲労やストレス、血行不良はベビーを遠ざけてしまう可能性も。体はもちろん、精子や卵子に元気を与える栄養素にも注目を。

女性はホルモンバランスと抗酸化に注目

着床率アップも期待! ビタミンD
カルシウムの吸収に不可欠な栄養素。また、血中のピタミンD濃度が高い女性のほうが精子の着床率が高いという報告も。しかし、紫外線を避ける生活があたりまえになった現代女性は不足しがちに。
ビタミンDのサプリ

卵巣に働きかける ビタミンE
卵巣や脳下垂体に働きかけ。ホルモンバランスをととのえてくれる栄養素。また、血液のめぐりをよくするので、冷えの改善にも効果的です。さらに、抗酸化作用もあり、卵子の老化予防も。
ビタミンEのサプリ

卵子・精子の老化抑制 コエンザイムQ10
L-カルニチン同様、ミトコンドリアのエネルギー生成に必須。
また、抗酸化力で精子、卵子の老化を遅らせる働きも。
女性は、卵巣機能の維持や卵巣に保存してある卵毋細胞の鮮度の維持も期待できます。
コエンザイムQ10


男性は疲労回復と精子の質向上を!

精子の質を左右する 亜鉛
質のいい精子をつくるために大事な栄養素ですが、インスタント食品が多い食生活が続くと不足し、喫煙・飲酒でも消費。特に男性の不足は精子の質を下げる原因なので、補給することがたいせつ。
亜鉛のサプリ

精子の運動能カアップ L-カルニチン
精子が運動する原動力になるのが、ミトコンドリアがつくるエネルギー。その生成に欠かせない栄養の一つ。しカルニチンの体内の濃度を上げることで、精子の運動能力が高まったという報告も。
L-カルニチンのサプリ

疲労回復に働く! ビタミンB群
細胞にエネルギーを届けて、疲労回復に効果を発揮。疲れは、男性がセックスを避けてしまう理由の一つで、回数が減れば、当然、妊娠の可能性も減ってしまいます。疲れをためないよう心がけましょう。
ビタミンB群のサプリ
 

妊活サプリのオススメと口コミまとめ