サプリメントの正しい選び方(男性不妊サプリ、葉酸サプリなど)

妊活時のサプリメントは、妊娠時の母体や胎児の健康、男性不妊をサポートしてくれるもの。また、卵子の老化を遅らせる働きが期待できるものもあり、サプリメントじょうずに活用すれば、授かりやすい体にととのえることもできます。妊活とサプリ、男性不妊サプリ、葉酸サプリの上手な付き合い方をご紹介します。

サプリメント

コエンザイムQ10のサプリメント

Coenzyme Q10

コエンザイムQ10は、糖尿病,高血圧などの生活習慣病の予防やエネルギー燃焼が良くなるため、脂肪燃焼やダイエット、美肌、冷え性の改、肩こりの改善などさまざまな効果があるといわれています。

またコエンザイムQ10は、成分同士がくっついて大きなかたまりとなってしまうため、腸での吸収が難しく、吸収率が低いということで有名です。

そのまま摂ったときの吸収率は10%程度。ごく一部しか吸収&利用されないのです。そこで、もっと体に吸収されやすくなるよう工夫された製品も登場しています。

一般的なのは、機械で緇かくし乳化剤を使って小さな粒の状態にしたものや、コエンザイムQ10を溶かす油脂の配合を工夫することで吸収率をアップさせた製品です。

これらの工夫で、1.5~3倍くらい吸収率は良くなっています。さらに最近、吸収率が劇的に改善されたコエンザイム010包接体(環状オリゴ糖に包まれ、分子同士がくっついていないコエンザイムQ10)や、体内での利用効率に配慮した還元型コエンザイム010も登場しています。

またコエンザイムQ10は食事中や食後に摂取すると吸収率が良いという事が確認されていますが、チョコレートのような油分と一緒に摂ることも吸収率をあげる事に効果があるようです。

サプリメントを買う時は、どうしても「成分の量」に目がいってしまいますが、吸収率に大きな差がある成分に関しては、量だけを見ても良いサプリは選べません。効果を得る上で重要なのは、「量×吸収率(利用効率)」だからです。

コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶときには、コエンザイムQ10の含有量だけでなく、吸収率にも注意して選びましょう。

サプリメントを飲む量は、どのくらいが適量?

supplement

サプリメントを飲むときと、気になるのがどのくらい飲むのがいいということ。

適量の範囲は栄養素によって違います。例えば、ビタミンB1やB2にように、余った分か安全に排泄されるため耐容上限量が設定されていない栄養素もあれば、葉酸(400μgの約3.5倍)、ビタミンA(推奨量の約8倍)、ビタミンD(推奨量の約9倍)のように、数倍で耐容上限量に達してしまう栄養素もあります。

ですから、サプリメントをたくさん飲んでしまうと、特定の栄養素だけ摂り過ぎになってしまう心配があります。

また、ヨウ素やセレンのような、ごく微量で足りるミネラルなど、耐容上限量がμg単位の栄養素は、摂り過ぎに注意が必要です。 

複数の成分を含んだサプリメントの場合、それぞれのバランスも考えた上で1日の使用量が設定されているので、「積極的に栄養素を補いたい」という目的の人は。1日の使用量を超えて摂るのではなく、使用料を守るかまた製品を選び直す方が安全です。

非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントの吸収率を高める方法

supplements-leaf

非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントは、体の中で働いている鉄と形が違うため、吸収率は高くありません約1~10%です。

非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントを吸収しやすい形に変えてくれるのがビタミンCです。

ビタミンCの豊富な食事や、ビタミンCのサプリメントと一緒に摂ることで非ヘム鉄の鉄剤の吸収率UPが期待できます。

製品によってはビタミンCが一緒に入っているものもあります。

鉄+葉酸+ビタミンB12の組み合わせのサプリメントは、ヘモグロビンを作るのを助けるビタミンを一緒に摂れるような組み合わせになっています。

また、お茶などに含まれるタンニンは非ヘム鉄の吸収を邪魔することが知られています。

鉄サプリを飲む前の濃いお茶(脂肪燃焼系のトクホ茶も)や赤ワインは避けた方が無難です。

体質とサプリの相性

supplement33

毎日メニューが変わる食事と違い、サプリメントは同じ製品を毎日取り続けるものです。

ですからサプリに、自分にとって相性の良くない成分が含まれていると、健康になるどころか不調の原因になってしまいます。

サプリの有効成分との相性はもちろんですが、注意したいのが、サプリメントを形成したり、品質保持のために使われている添加物との相性です。

添加物というと何か悪いもののように聞こえてしまいますが、サプリメントの品質を均一にしたり、長期保存で品質劣化しないために必要なものでもあります。

一般的には、通常の食品にも使われている安全性の高い成分ですが、体質によってはこれに反応してしまう人もいます。

例えば、サプリメントの錠剤を固めるためよく使われている乳糖。これは乳製品なので、乳製品にアレルギーのある人や、乳糖が分解できない体質の人が利用すると、体調悪化の原因になってしまいます。

サプリメントは健康を補助する食品

suplements24
サプリメントを服用する人が非常な勢いで増加しています。今では、成人のほとんどがなんらかのサプリメントを摂取しているといってもよいくらいです。

サプリメントというと、まず、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、サプリメントとは文字通り「supply=補う」食品という意味です。

ビタミンやミネラル、アミノ酸などは、私たちの休にとって必要な物質ですが、同時に不足しがちでもあり、さまざまなサプリメントが作られています。

食べ物として摂る量が不足しがちということもありますが、特に高齢者や病人は胃腸の機能が衰えており、普通の量を摂取しているだけでは足りないのです。

また、発育盛りの子どもは成人よりも必要量が多く、どうしても不足してしまうという側面もあります。そのため、サプリメントは「栄養補助食品」「健康補助食品」などと呼ばれているのです。

1910年代からビタミンが続々と発見されるとともに、米国では、それをサプリメントとして活発に消豐するようになりました。94年には「栄養補助食品健康教育法」によって、サプリメントは「ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸のいずれかを含み、通常の食事を補うことを目的とするあらゆる製品」と定義されました。効能をわかりやすくラベルに表示することが義務づけられています。

日本では、96年からサプリメントが広く一般に販売できるようになりました。
市場開放によって規制が緩和されたのです。ただし、食品と医薬品では分類が異なるので、サプリメントには「病気を治す」という表示はできません。

医薬品は大規模な治験によって安全性や効果が確認されますが、サプリメントにはそうした必要がないため、「病気を治す」とは主張できないのです。また、品質の維持に医薬品ほどの厳格さが求められないため、その品質にもばらつきがあります。
最新記事
ギャラリー
  • リコピンのサプリメント
  • 美白、 シミ・ソバカス・ ニキビ跡にいいサプリ
  • マカのサプリメント
  • サプリメントと添加物
  • 妊娠カアップサプリ選び3つのポイント!
  • 妊娠中はやめた方がいいサプリやハーブ
  • 妊活サプリメントの選び方
  • コエンザイムQ10のサプリメント
  • サプリメントを飲む量は、どのくらいが適量?