daizu

イソフラボンはポリフェノールの一種で、大豆の胚芽に多く含まれています。
女性ホルモンに似た作用があり、更年期の骨密度の想下を抑えるといわれています。
乳がんについても、発症を予防する作用が報告されているが、摂りすぎには要注意。 

女性ホルモンのような作用  
             
イソフラボンは、女性にとって非常に関心のあるサプリメントです。
イソフラボンは、大豆の胚芽に特に多く含まれるポリフェノールの一種です。
女性ホルモンに構造が似ているだけでなく、作用にも似たものがあります。
そこで、多くの女性が、女性ホルモンのような作用を期待して服用しています。

大豆イソフラボンは「骨の健康が気になる力に適する食品」としてトクホにも認定されています。
女性が更年期になると、いろいろな症状が出てきます。

前述したように、女性ホルモンには骨にカルシウムを沈着させる作川があるのですが、更年期になるとこのホルモンが減少し、骨のカルシウムが失われて、非常に骨折しやすくなるのです。

このようなときに、女性ホルモンまたはイソフラボンのような女性ホルモン作用のあるサプリメントを投与されると、骨密度の低下が抑えられるのです。