サプリメントの正しい選び方

妊活時のサプリメントは、妊娠時の母体や胎児の健康、男性不妊をサポートしてくれるもの。また、卵子の老化を遅らせる働きが期待できるものもあり、サプリメントじょうずに活用すれば、授かりやすい体にととのえることもできます。妊活とサプリの上手な付き合い方をご紹介します。

コエンザイムQ10 サプリ

コエンザイムQ10のサプリメント

Coenzyme Q10

コエンザイムQ10は、糖尿病,高血圧などの生活習慣病の予防やエネルギー燃焼が良くなるため、脂肪燃焼やダイエット、美肌、冷え性の改、肩こりの改善などさまざまな効果があるといわれています。

またコエンザイムQ10は、成分同士がくっついて大きなかたまりとなってしまうため、腸での吸収が難しく、吸収率が低いということで有名です。

そのまま摂ったときの吸収率は10%程度。ごく一部しか吸収&利用されないのです。そこで、もっと体に吸収されやすくなるよう工夫された製品も登場しています。

一般的なのは、機械で緇かくし乳化剤を使って小さな粒の状態にしたものや、コエンザイムQ10を溶かす油脂の配合を工夫することで吸収率をアップさせた製品です。

これらの工夫で、1.5~3倍くらい吸収率は良くなっています。さらに最近、吸収率が劇的に改善されたコエンザイム010包接体(環状オリゴ糖に包まれ、分子同士がくっついていないコエンザイムQ10)や、体内での利用効率に配慮した還元型コエンザイム010も登場しています。

またコエンザイムQ10は食事中や食後に摂取すると吸収率が良いという事が確認されていますが、チョコレートのような油分と一緒に摂ることも吸収率をあげる事に効果があるようです。

サプリメントを買う時は、どうしても「成分の量」に目がいってしまいますが、吸収率に大きな差がある成分に関しては、量だけを見ても良いサプリは選べません。効果を得る上で重要なのは、「量×吸収率(利用効率)」だからです。

コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶときには、コエンザイムQ10の含有量だけでなく、吸収率にも注意して選びましょう。

コエンザイムQ10の妊活サプリ

コエンザイムQ10には、2種あり。疲れが残りやすい人や肝臓がお疲れの人ば還元型″を。20代で、体力もある人ならば価格も安い酸化型からセレクトしてみて

sp_00

独自製法で、吸収性アップ!抗酸化パワーで老化にアプローチ
ダイレクトに慟く還元型コエンザイムQ10に、さらに独自の「微細乳化製法」で吸収性をアップ!
還元型コエンザイムQ10
目安量:1日3粒×30日分
3791円+税 ファンケルヘルスサイエンス

qhk30_l
医療品よりも厳しい品質管理。CoQ10のパイオニアブランド
酵母由来で体にやさしいコエンザイムQ10を世界に先駆けて開発。1粒あたり還元型コエンザイムQ10を100mg配合。
還元型コエンザイムQ10
目安量:1日1粒×30日分
3472円
+税 ユアヘルスケア(カネカグループ)

_SL500_AA300_
体内での変換が不要。ダイレクトに作用する還元型
「酸化型」のコエンザイムQ10は体内で「還元型」に変換されますが、もともとr還元型』であればその変換が不要。体にダイレクトに働きかける。
還元型コエンザイム
Q10
目安量:1日2粒×30日分
3333円
+税 ユニマットリケン

妊活サプリのオススメと口コミまとめ
最新記事
ギャラリー
  • 美白、 シミ・ソバカス・ ニキビ跡にいいサプリ
  • マカのサプリメント
  • サプリメントと添加物
  • 妊娠カアップサプリ選び3つのポイント!
  • 妊娠中はやめた方がいいサプリやハーブ
  • 妊活サプリメントの選び方
  • コエンザイムQ10のサプリメント
  • サプリメントを飲む量は、どのくらいが適量?
  • 非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントの吸収率を高める方法