サプリメントの正しい選び方(男性不妊サプリ、葉酸サプリなど)

妊活時のサプリメントは、妊娠時の母体や胎児の健康、男性不妊をサポートしてくれるもの。また、卵子の老化を遅らせる働きが期待できるものもあり、サプリメントじょうずに活用すれば、授かりやすい体にととのえることもできます。妊活とサプリ、男性不妊サプリ、葉酸サプリの上手な付き合い方をご紹介します。

鉄 サプリ

非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントの吸収率を高める方法

supplements-leaf

非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントは、体の中で働いている鉄と形が違うため、吸収率は高くありません約1~10%です。

非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントを吸収しやすい形に変えてくれるのがビタミンCです。

ビタミンCの豊富な食事や、ビタミンCのサプリメントと一緒に摂ることで非ヘム鉄の鉄剤の吸収率UPが期待できます。

製品によってはビタミンCが一緒に入っているものもあります。

鉄+葉酸+ビタミンB12の組み合わせのサプリメントは、ヘモグロビンを作るのを助けるビタミンを一緒に摂れるような組み合わせになっています。

また、お茶などに含まれるタンニンは非ヘム鉄の吸収を邪魔することが知られています。

鉄サプリを飲む前の濃いお茶(脂肪燃焼系のトクホ茶も)や赤ワインは避けた方が無難です。

鉄の妊活サプリ

鉄は、含有量の多いOTC医薬品がおすすめ。
体に合わないと感じる人は、ヘム鉄サプリを。とりすぎは体にダメージがあるので注意!
鉄サプリは非ヘム鉄より吸収率のいい「ヘム鉄」を
鉄サプリには、ヘム鉄以外にに、非ヘム鉄の製品があります。しかし、非ヘム鉄は吸収率が悪く、ヘム鉄の5分の1程度。ヘム鉄のような強い二オイはなく、価格も安いですが、効果を考えればヘム鉄を選ぶほうが堅実です。

main

腸でとけるから吸収しやすい。いやなニオイや味もなし
錠中に10㎎の鉄を配合。膃に運ばれてからとけるフィルムコーティング諚ので、鉄を効率よく吸収。また、鉄のいやなニオイや味もなし。
ファイチ 第2類医薬品
用量:1日2錠×30日分
1500円十税/小林製薬


y11717_07-01
多種の成分が複合的に鉄欠乏性貧血をサポート
1ヨの用量中に10㎎の鉄を含有。鉄の吸収を高めるビタミンCや、赤血球をつくるビタミンE、赤血球をつくるビタ
ミンB12、葉酸を配合。
マスチゲン錠 第2類医薬品
用量:1日1錠×30日
1400円+税/日本臓器製薬

hem_product1411

安全性&高品質に、とことん追求!カプセルも植物性
厳しい品質管理基準を満たす国内のGMP詔定工場で製造。添加物も最小限に抑えた、高品質ヘム鉄サプリ。
2粒あたり9mgの鉄を含有。
BABY&MEヘム鉄
推奨量:1日2粒×45日分
 4500
円+税 バートナーズ


hemanic
胃に負荷がかからない処方でやさしく貧血を改善
2錠で鉄は10mg。そのほか、ビタミンB12や葉酸など赤血球をつくる栄養もバランスよく配合。腸でとける処方により、胃に負担をかけにくい。
ヘマニック 第2類医薬品
用量:1日2錠×90日分
4500
円+税/全薬工業

syo_20151021075051
鉄の吸収アップや、胃の粘膜を保護する成分も配合
1錠中に、29.6mgの鉄を配合。ビタミンB12がヘモグロビン合成を促すほか、銅クロロフィリンカリウムなどが胃の粘膜を保護し荒れを防止。
エミネトン 第2類医薬品 
用量:1回2~3錠1日2回×13~20日分
1748
円+税 佐藤製薬


dhc

継続しやすい価格。負担も少ないからとり入れやすい
吸収率が高いヘム鉄のサプリメント。
2粒あたりに鉄10昭を含有。いっしょに配合されたビタミンB12と葉酸は、赤血球の形成を助ける作用も。価格も手
ごろで継続しやすい。
ヘム鉄
目安量:1日2粒×30日分
450円
+税 DHC

妊活サプリのオススメと口コミまとめ
最新記事
ギャラリー
  • リコピンのサプリメント
  • 美白、 シミ・ソバカス・ ニキビ跡にいいサプリ
  • マカのサプリメント
  • サプリメントと添加物
  • 妊娠カアップサプリ選び3つのポイント!
  • 妊娠中はやめた方がいいサプリやハーブ
  • 妊活サプリメントの選び方
  • コエンザイムQ10のサプリメント
  • サプリメントを飲む量は、どのくらいが適量?