【日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー認定 管理栄養士監修】サプリメントの正しい選び方

妊活時のサプリメントは、妊娠時の母体や胎児の健康、男性不妊をサポートしてくれるもの。また、卵子の老化を遅らせる働きが期待できるものもあり、サプリメントじょうずに活用すれば、授かりやすい体にととのえることもできます。妊活とサプリ、男性不妊サプリ、葉酸サプリの上手な付き合い方を【日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー認定 管理栄養士監修】サプリメントの正しい選び方をご紹介します。

Category: 妊活サプリ

体内の細胞にエネルギーを供給するビタミンB群は、疲疲労回復に効く栄養素。
サプリだけでなく、医薬品の選択肢も。

妊活サプリのオススメと口コミまとめ
4987123145381

体がだるい、重い…疲労感がとれない人に!
独自開発のビタミン日1誘導体フルスチルアミンなどの働きで、体の「だるい」「重い」といった疲れにすぐれた効果を発揮。
アリナミンA第3類医薬品
目安量:1回1~3錠1日1回×20~60日分
1440円+税 武田薬品工業

jpg
高含有量と高品質が自慢。ゆっくりとけて長く効く
含有量は世界最高レベル。また。8~12時間かけてとけるので、水溶性で排出されやすいビタミンB群がゆっくり滞在して長く効く。トリーB100
目安量:1日4粒×60日分
3900円
+税 ダグラスラボラトリーズ

ホルモンバランスの改善、血流をよくする効果などを発揮。1日の耐容上限量は650mgなので、他のサプリと併用する際は超えないよう確認。

ビタミンEは天然と合成で、効果の差が2倍以上
サプリには「天然」と「合成」があります。両者の効果にほとんど差がない栄養素もありますが、ビタミンEにおいては、「天然」がオススメ。合成は効果が低く、天然の半分以下といわれています。選ぶときの参考にしましょう。

サプリメントも鮮度がたいせつ。買いだめは避けて
サプリもほかの食品と同じように、時間がたてば品質の劣化は避けられません。酸化や湿気で、ビタミンがこわれたり、パワーを失ってしまいます。おトクだからと買いだめはせず、常に新鮮なサプリを利用するようにしましょう。

994946842635344_common

ホルモンバランスの改善に!価格も手ごろで経済的
ビタミンEを1粒で140mg含む。香料・着色料や保存料などは不使用。さらに低価格なので、継続もしやすい。
ディアナチュラビタミンE
目安量:1日1粒×60日分〉
720円+税 アサヒグループ食品

soukai_4987072009840
大豆油由来の天然ビタミンE。パウチだから携帯も便利
大豆油から抽出した天然のビタミンEを2粒で284mg配合。原材料にはゼラチン、グリセリン、サフラワー油を使用。着色、香料、防腐剤無添加。
ビタミンE
目安量:1日2粒×30日分
550円+税 小林製薬

sp_0000

さまざまな種類のビタミンEをバランスよく配合
ビタミンEは2粒で150mg。ビタミンEを自然に近いバランスで配合しており、高抗酸力の「トコトリエノール」も含有。
ビタミンEナチュラルミックス
1日2粒×30日
550円
+税 ファンケルヘルスサイエンス


pregnancysupplement

妊活のサプリメント、のはたくさん発売されています。でも、このサプリメントを飲めば絶対に妊娠するというようなサプリメントは、残念ながら存在しません。
必ず妊娠できるサプリメントはありませんが、赤ちゃんにとって快適な妊娠しやすい体づくりをサポートするうれしいアイテ厶であることは確かです。妊活をサポートするそれが妊活サプリの役割です。

サプリメントは食品えらび同様、パッケージの裏側をチェック。「原材料名」は製品に含まれる原材料の多いものから記載されています。天然栄養素が使われていたらその食品名や素材名が、合成栄養素なら、ビタミンやミネラルなどの名前が書かれます。

また長期保存しても変化しないと思われがちですが、サプリメントは食品と同じなので、時間とともに品質は変化します。たくさん購入したほうがお得な場合でも、なるべく買いだめはせす、新鮮なものを使うのがおすすめです。

栄養素がぎゅっと詰まっているサプリメントですが、栄養摂取はなく、「食生活の改善でまかなえない栄養素をサプリメントが補う」ということで活用するのがいいと思います。

妊活悩み別サプリメント

冷え性 
・ビタミンE 
・コエンザイムQ10
体が冷えて血行が悪くなると、体内の代謝も悪くなってしまいます。血流改善効果が期待できるビタミンEや、エネルギーづくりを助けるコエンザイムQ10で、体を中からあたためましょう。

疲れやすい

・ビタミンB群
体と脳の疲れにはビタミンB群です。肉体疲労回復の定番成分でもあるほか神経細胞にも働きかけるので、精神的なイライラにも効果を発揮します。

寝不足
・テアニン
・ビタミンB群
緊張をほぐして眠りに入りやすくすくしてくれるテアニンなどのアミノ酸系サプリメント。脳と体の疲労回復効果を
持つビタミンB群との合わせて使い、質のよい眠りを手に入れましょう。

気分があがったりおちたり
・ビタミンB群
・テアニン
テアニンは、興奮した神経を落ち着かせる働きがあります。体と脳の疲れをとるのに一役買つてくれるビタミンB群
と組み合わせれば、リラックスして気持ちが安定していくはず。

太り気味
・マルトビタミン&ミネラル
・コエンザイムQ10
必要な栄養素を「バランスよく」とることで、代謝が上がり燃やせる体質に。栄養素がバランスよく配合されたマルチビタミン&ミネラルと、燃焼効率をアップさせるコエンザイムQ10を同時に摂取します。

やせ気味
・マルトビタミン&ミネラル
・乳酸菌

栄養素をバランスよく摂取できるマルチビタミン&ミネラルで体をととのえます。また、おなかの調子が悪いと栄養の吸収率も下がります。腸内環境を改善する乳酸菌もいっしょに活用します。


男性

男性不妊のサプリには亜鉛が含まれたサプリメントがおすすめ
男性の性機能を助けたり、精子の質を左右する栄養素が亜鉛です。精液検査が正常な男性と男性不妊のかたでは、精液中の亜鉛濃度に差があったという調査結果も出ています。


male_infertility

加命とともに男性ホルモンの分泌か低下

性交渉をするために十分な勃起か得られない鳩合や勃起か維持できない状態をインポテンツ(ED)といいます。

加齢とともに精力の減退を感じる男性が多くなりますが、これは、男性ホルモンのテストステロンの分泌が、年齢とともに少しずつ低下していくため。女性の更年期障害ほど明らかな症状は出にくいもの、同じように男性も体が変化していくのです。

精力減退とともに体のだるさやのどのかわき、体重減少などの症状かみられるときは糖尿病の可能性かあります。また、心臓病やうう病、高血圧などか原因になっていることもあるので、生活習慣病か進行していないか定期的にチェックすることも人切です。

20~40代の若い世代の場合、ストレスが原因になっていることが多く、うつ病か引き金になっていることも少なくありません。

不規則な生活を改善 ビタミン.ミネラル摂取も有効

ストレスや過労、運動不足、喫煙、過度の飲酒といった不麗則な生活を見直すだけで症状が改善されることもあります。それでも改善されない場合は、専門医を受診。

精力アップのサプリメントではテストステロンの分泌を増やすビタミンEや、性ホルモンの産生や性腺の働きを活発にする亜鉛、精子の材料となり精子の運動性を高めるセレンの摂取が有効です。
アミノ酸のL-アルギニンは精子の数を増やす働きがあるといわれます。
ハーブではイラクサにテストステロンを増やす鋤きかあります。

マカはテストステロンを増やし、精子の数や運動率を高める働きか確認されています。

supplement56

妊活世代である30代の食生活を調べると、重要な栄養素のほとんどが不足しているという結果が出ています。

特に体外受精が必要になるような難治性の不妊症の場合、妊娠に向けた体づくりができていない人もしばしば見られ、それが妊娠しない原因のひとつであることがあります。

体外受精をする以前に、まず体づくりに目を向ける必要があるのです。

体は毎日の食事や睡眠、運動など、生活習慣によってつくられるもの。食事だけでは不足する栄養は、サプリメントでとることも考えましょう。

まず体の土台づくりとして、ビタミンーミネラル類をとること。効果があらわれるまで3~6ヵ月かかります。

その上でプラスアルファのサプリメントの摂取を。日本国内で市販されているサプリメントは治療レベルで用いるには不十分な内容のものが多く、原材料と有効成分量がしっかりした質のよい製品選びも重要です。

妊活でのサプリメント基本の考え方

土台がしっかりしていないと、ザルに水をためるようなもので治療効果が上がりません。
そして、食事はもちろん、睡眠や運動など、健康的な生活を心がけましょう。

不妊治療と併用することで、治療効果が期待されるサプリメントを紹介します。

日本では、まだ一般的ではないサプリメントもあるので、専門家の指導のもとでとり入れましょう。

男性ホルモン&女性ホルモンのもと DHEA(デヒドロエピアンドロステロン) 

卵巣の機能低下が認められる人が服用した場合、採卵数が増える、卵の質が向上するなどの報告があります。

しかし、適応のない人が服用すると、声が低くなる、ひげが濃くなるなどの男性化兆候が現れることがあるので、摂取には注意を。

国内ではホルモン剤と同じく医薬品扱いとなるため、一般的には入手できません。

鉄不足の人に鉄

一般的な血液検査で正常といわれている人でも、血球成分をよく見ると、隠れ貧血を疑う場合が多くあります。

鉄のサプリメントには、ヘム鉄・無機鉄・キレート鉄などの種類があります。

以前に摂取した際に気持ちが悪くなったり便秘になるなど、鉄サプリが苦手な人は、違う種類のものに変えてみましょう。

食事の見直しや鉄分を含む肉類を食べることも意識しましょう。

ネットワークで効果を発揮 マルチビタミン、ミネラル

体の老化を防ぐ抗酸化作用のあるビタミンC・Eをはじめ、各種ビタミンとミネラルを網羅的に摂取できるマルチビタミンのサプリメントがおすすめ。

妊活に重要な「葉酸」が入っているかどうか確認を。市販されている製品と医療機関で扱う製品は成分内容や量が大きく違うことがあるので、内容を確認して必要な量を摂取することがたいせつです。

免疫バランスをととのえる ビタミンD

脂溶性ビタミンのひとっビタミンDは、食事でとるほか、日光を浴びることで体内でっくり出すことができます。

不足すると骨粗鬆症が心配に。不妊治療では、免疫バランスをととのえることが期待されています。

また、AMH(アンチミューラリアンホルモン)との関連も指摘されています。

食生活や日頃から日光に当たること、運動を心がけましよう。

睡眠に関係するホルモン メラトニン

メラトニンは夜間に分泌量がふえるホルモンで、アメリカなどでは睡眠をサポートするものとしてサプリメントが利用されています。

活性酸素を除去することで知られ、卵巣内の活性酸素をとり除くことで卵の質の改善が期待されます。

抗酸化作用で注目される アスタキサンチン レスベラトロール コエンザイムQ10

活性酸素は老化を早める物質で、これを除去する働きをするのが抗酸化物質です。

アスタキサンチンは、鮭の身に含まれる赤い色素。

レスベラトロールはブドウの皮や種、ワインなどに含まれるポリフェノールの一種。

いずれも全身の細胞の老化予防が期待されます。

コエンザイム010は体内でつくられるものの、加齢で減少する物質。a-リポ酸、L‐カルニチンといっしよにとることで、より効果を発揮します。

↑このページのトップヘ