サプリメントの正しい選び方

妊活時のサプリメントは、妊娠時の母体や胎児の健康、男性不妊をサポートしてくれるもの。また、卵子の老化を遅らせる働きが期待できるものもあり、サプリメントじょうずに活用すれば、授かりやすい体にととのえることもできます。妊活とサプリの上手な付き合い方をご紹介します。

サプリメントの選び方のチェックポイント

suplements44

ベビ待ちカップルにおすすめのサプリメント類をピックアップ。同じ栄養素でも、価格や原料も異なるので、自分に合ったものを見つけて。

サブリを選ぶときは、下記をチェック!継続することを考えて、無理のないものを。

①体質に合わない成分が入っていないか
サプリの成形や品質保持をするための添加物に、自分のアレルギー成分が人つていないかどうか確認を。増量剤として「乳糖」が使われることも多いので、乳製品が体質に合わない人は避けたほうがベター。

②成分の含有量が理想的かどうか
摂取したい成分が必要量入っているか、また、組み合わせたときに成分が重複して、耐容上限量を超えないかも
チェック。含有量の表記の仕方が商品により、1粒あたりもあれば、1日用量あたりもあり、まちまちなので注意。

③継続できる価格かどうか
サプリは、数力月以上継続するもの。それを踏まえ、無理なく続けられる価格帯を選んで。また、単純にたくさん入っていたり、粒が大きいからおトクということはありません。とりたい成分の含有量と価格を照らし合わせて。

体の状態や生活に合わせてサプリメントをチョイス

suplements34

食事で必要量がカバーできればベストですが、なかなかむずかしいもの。不足を避けるためには、サプリの手を借りましょう!


1.ライフスタイルを考えて必要なものだけを選ぶ
妊活に必要な栄養素をすべてサプリでとる必要はありません。不足しているもので、なおかつ自分の食事や生活ではカバーしきれない栄養素を、サプリで補いましょう。葉酸は食事で推奨量をとるのは至難なので、サプリで補って。


2.ベースサプリを活用し数は最小限に抑えて
土台となる栄養素が不足していると、妊活サプリがうまく働きません。そこで、ベースサプリと呼ぱれるマルチミネラル&ビタミンの併用がおすすめ、葉酸やカルシウムも含むベースサプリを選べば、サプリの数も減らせ、手軽&コストも削減に。

妊娠しやすい体を整えるサプリメント

pregnancy3

疲労やストレス、血行不良はベビーを遠ざけてしまう可能性も。体はもちろん、精子や卵子に元気を与える栄養素にも注目を。

女性はホルモンバランスと抗酸化に注目

着床率アップも期待! ビタミンD
カルシウムの吸収に不可欠な栄養素。また、血中のピタミンD濃度が高い女性のほうが精子の着床率が高いという報告も。しかし、紫外線を避ける生活があたりまえになった現代女性は不足しがちに。
ビタミンDのサプリ

卵巣に働きかける ビタミンE
卵巣や脳下垂体に働きかけ。ホルモンバランスをととのえてくれる栄養素。また、血液のめぐりをよくするので、冷えの改善にも効果的です。さらに、抗酸化作用もあり、卵子の老化予防も。
ビタミンEのサプリ

卵子・精子の老化抑制 コエンザイムQ10
L-カルニチン同様、ミトコンドリアのエネルギー生成に必須。
また、抗酸化力で精子、卵子の老化を遅らせる働きも。
女性は、卵巣機能の維持や卵巣に保存してある卵毋細胞の鮮度の維持も期待できます。
コエンザイムQ10


男性は疲労回復と精子の質向上を!

精子の質を左右する 亜鉛
質のいい精子をつくるために大事な栄養素ですが、インスタント食品が多い食生活が続くと不足し、喫煙・飲酒でも消費。特に男性の不足は精子の質を下げる原因なので、補給することがたいせつ。
亜鉛のサプリ

精子の運動能カアップ L-カルニチン
精子が運動する原動力になるのが、ミトコンドリアがつくるエネルギー。その生成に欠かせない栄養の一つ。しカルニチンの体内の濃度を上げることで、精子の運動能力が高まったという報告も。
L-カルニチンのサプリ

疲労回復に働く! ビタミンB群
細胞にエネルギーを届けて、疲労回復に効果を発揮。疲れは、男性がセックスを避けてしまう理由の一つで、回数が減れば、当然、妊娠の可能性も減ってしまいます。疲れをためないよう心がけましょう。
ビタミンB群のサプリ
 

妊活サプリのオススメと口コミまとめ
ギャラリー
  • 妊娠カアップサプリ選び3つのポイント!
  • 妊娠中はやめた方がいいサプリやハーブ
  • 妊活サプリメントの選び方
  • コエンザイムQ10
  • サプリメントを飲む量は、どのくらいが適量?
  • 非ヘム鉄の鉄剤やサプリメントの吸収率を高める方法
  • 体質とサプリの相性
  • キャッツクローは活性酸素を除去し、多くの病気を予防する
  •  キャッツクローは免疫力を高め、ガンなどの成人病(生活習慣病)を予防する